ヨガとピラティスって
どう違うの?

ヨガとピラティスってなんとなく違うのは、わかるけど根本的に何が違うの?
どっちが私に合うのかな?と疑問に思っているかたも多いはず。

ヨガとピラティスの違いをわかりやすくまとめました!

ヨガ

発祥
インド発祥の修行法
呼吸法
腹式呼吸鼻からゆっくり息を吸い込み、おへその下(丹田)に空気を貯めて膨らませ、口からゆっくり息を吐きます。
スタイル
ストレッチを中心に整える骨盤を動かすものや寝たままポーズを取るものもあり、優しいものからハードなものまで様々。

ピラティス

発祥
ドイツ発祥のエクササイズの一種
呼吸法
胸式呼吸胸部を膨らませるイメージで鼻から息を吸い(お腹が膨らまないように意識する)、胸をしぼませるイメージで息を吐き出す。
スタイル
動的ポーズを取る

一連の流れでポーズをとっていく

筋トレ要素が強く、骨格を意識しながら筋肉(インナーマッスル)を整える。

ヨガは、腹式呼吸しながらリラックスをし、ストレッチで筋肉を伸ばすこと。

ピラティスは、胸式呼吸をしながら頭をスッキリさせ、インナーマッスルを活性させる。
という点が大きな違いになります。

しかしながらヨガもピラティスも精神を健康にしていくことが目的で、どちらも続けることで心と身体を両面から整えることが共通概念としてあります。

人によって合う、合わないがあるかと思いますので、それぞれ体験をしてみて、目的に応じて行っていくのが良いと思います。